マネジメント・ディスカバリー
中原淳(東京大学准教授・経営学習論)テキスト執筆
マネージャーの経験を深く、広く振り返り(リフレクション/内省)、
マネジメント行動を変容させる管理職研修

日本生産性本部

企業内教育(インハウス型研修)の特徴 | プログラム紹介 | 導入事例のご紹介

企業内教育(インハウス型研修)の特徴

多面的なアセスメントが実施可能です。
インハウス型の研修では、マネジメントの状況をより広く把握していただくため、受講者の上司や部下の方にもご協力いただき、多面評価を行います。
これにより、研修後の行動変容(研修効果)について、受講者のみならず、その周囲の意見も交えて、複眼的に把握することができます。

また、受講者のマネジメント特性について、自社の傾向と全体の傾向を比較することで、改善点を見つける材料にすることもできます。
アセスメントはリマインドにも活用しますので、研修前後での比較も可能です。
インハウス型研修の特長


プログラム紹介

研修をより効果的なものとするために、経営課題や組織風土についてのヒアリングを行い、研修目的(ゴール)を明確にし、ニーズに応じてプログラムを調整(※)いたします。
深い内省と心を開いた真剣な対話により、自身のマネジメントスタイルを振り返ると共に、受講者の間で「学びの共同体」を構築し、研修後も協力関係が続くことが期待できます。

また、本研修はレゴブロックなど様々な小道具を使用するため、ある程度まとまったスペースが必要になります。
当本部所有の研修施設「生産性国際交流センター(神奈川県葉山町)」もございますので、お気軽にご相談ください。

※ 概ね確立されたプログラム構成になっていますので、大規模な設計変更は行いません。
研修プログラム例
研修プログラム例

企業内教育導入事例一覧